民間学童保育は忙しいママの強い味方!選ぶポイントもご紹介

民間学童保育を利用して子どもの安全を確保しよう

ピアノを弾く手

日本の共働き率は増加し続け、全体の6割以上を占めるようになりました。これは専業主婦世帯を上回る数であり、少子化対策の面からも子どもを持つ共働き世帯へのサポートが欠かせなくなっています。しかし人口の集中している都市部では保育園の定員オーバーが常態化し、就業を希望する女性の妨げになっています。さらに保育園では親の仕事に合わせて夜間まで実施されていた預かりが、子どもが小学校に就学するとなくなってしまいます。これらの問題を解決し、働く両親と子どもの双方にメリットをもたらすのが民間学童保育を利用した教育です。
民間学童保育では両親の仕事が終わる夜遅くまで子どもを預かります。公立の学童保育であると開設時間が長くても18時までのところが多くなっています。しかし民間であれば19時や、深夜まで開設している学童保育もあるのです。職場が遠方である人、フルタイムで働いている人にとって夕方の1時間は非常に大きな差です。また子どもの立場から見れば、同年代の友だちと過ごす時間が長くなるため、ひとりで留守番する寂しさがありません。学校の近くまで施設のバスで迎えにきてもらえる民間学童保育もあり、子どもが事件や事故にあわないように配慮されています。

トピックス

記事一覧