民間学童保育は忙しいママの強い味方!選ぶポイントもご紹介

民間学童保育の利点や公立の学童保育との違い

笑顔の男の子

民間学童保育には、公立にはない利点があります。

まず初めの利点として、子どもの学習能力や各種の能力開発についてです。
公立公営で小学校の一角で行われる学童は、体育館でのドッジボールを思い切り楽しむことができます。
しかし、一般的に宿題以外の勉強や各種の能力開発の機会は限られていると考えられます。

公立にはない利点として民間学童保育では、習い事や塾のような機能を兼ね備えた場所も多くあるため、
習い事と学童を組み合わせて利用する派が多数です。子どもの教育への利点があります。

他には、手作りおやつ、食事オプションの提供がある場合もあります。
また、学校から学童保育までの送迎サービスが用意されている場合もあります。

時間については、公立では18時~19時までですが、民間学童保育は延長時間があり、22時までのところもあります。
両親共働き世帯が多い昨今、定時で仕事が終了し、18時~19時にお迎えに行くことが難しい場合もあると思われます。
延長時間があることにより、安心してお仕事に取り組めるのではないでしょうか。

仕事を頑張るパパとママが、いわゆる「小1の壁」を突破するためにサポートしてくれる場所です。
子どもにとっても、放課後を安心・安全に過ごす、毎日の「生活の場」であり、様々な体験・活動を深める場所でもあります。
保護者と子どもにとって、双方が最高の学童保育を選べることが望ましいと考えます。

トピックス

記事一覧